【韓国留学10ヶ月目】コロナ渦に語学留学してよかった?メリット・デメリット

アンニョンハセヨいくみんです。私は韓国留学をして10ヶ月目です。コロナ渦の真っ最中に留学を始めました

今回は韓国留学を検討している方に向けて、コロナ渦の語学留学についてのメリットとデメリットを体験談を基にお話します。

結論!目的を失ったけど韓国留学をしてよかった(笑)

私が韓国留学を始めたのは2020年の11月です。コロナが日本でも流行りだして1年いくかいかないかの時期です。

韓国留学を決意した一番大きな理由は当時お付き合いをしていた韓国人彼氏とのコロナ遠距離が辛すぎたからでした。他にも、日常生活に飽きてしまい刺激が欲しかったのと、韓国で起業したいという漠然とした夢も理由にありますが一番の目的は彼に会いたかったからです!

しかし残念なことに、その彼とは渡韓して数ヶ月で別れてしまい、一番の目的は達成した途端にあっけなく灰となりましたwww

あっその彼との別れについては恨みたっぷりに動画にUPしたので【詳しくはこちら】をみて下さい

前置きが長くなりましたが、私は元々半年で帰国しようと思っていました。しかし今現在10ヶ月も韓国にいます。なんなら今も帰る気はなくて一生韓国に住もうとさえ思っています。それだけ韓国留学をしてよかったと思っています。

コロナ渦で韓国留学をするメリット

① 人生が大きく変わる

韓国留学をして1番よかったと思う理由は、視野が広がったことです。

韓国留学をすると、いろんな国の人、環境の人と出会うことができてそして私の当たり前は小さな世界の当たり前なんだと気づけました。

あとは韓国の国民性も理解する事ができました。実際に韓国に住まないとあの独特な国民性は理解できないかもです。

そうやって新しい視野ができた影響で、いろんな事に関心をもつようになり、政治や歴史もすごく興味をもつようになりました。

考え方が変わると行動が変わる。行動が変わると人生が変わると思っていますので、人生変わったんじゃないかと思います

② 住みたい国に住めるだけで幸せ♡

日本にいるときは「韓国に行きたい」と毎日何回も思っていました。毎月のように韓国旅行に行き、新大久保に住んでいたレベルの韓国好きなので、コロナ禍は趣味を奪われた気分でした。

そんな趣味でもある念願の韓国に、私は旅行どころか住めているのです。そりゃ幸せです

③ オンライン授業はむしろ楽

対面授業とオンライン授業の両方を受講しましたが、正直どちらも習得レベルは変わらないと思いました。

オンライン授業だとギリギリまで寝れるし交通費もかからないので、お金と時間のコスト削減できてむしろ良いです

ただマジで友達は作りにくいので、人見知りはデメリットを大きく感じるかもしれません。

④ 韓国のトレンドをすぐキャッチできる優越感(笑)

韓国って流行の流れが早いんです。その流行にどっぷり浸かることができるのは、ミーハーな私にとっては嬉しいです。

流行りのお菓子をSNSに投稿すると「いいな〜」とコメントを頂くのですが、少しその時は優越感にひたってます(性格悪いw)

でも一方で日本で流行ってるスタバや新しいカフェ情報などを見た時は、逆に羨ましくなります。無い物ねだりってやつです。

⑤ 正直、韓国の方がコロナ対策がしっかりしている

私がもし韓国留学をしていなかったら、私はコロナにかかっていたと思います。理由は日本にいる友達がもうほとんどコロナになってしまったからです新宿エリアの人間なので、やっぱり感染している友達は多いです

韓国はコロナ対策がかなり厳しいです。日本のように「Noマスク!コロナはただの風邪だ!」なんか言ったら殺されるんじゃないかって雰囲気です(笑)

だからある意味、韓国にいるほうが安全な感じもします。

⑥ 日本人在住者限定の整形の無料や割引が多い

私はSNSのフォロワー数が少し多いのですが、そんなフォロワー数は一切関係なく韓国在住者向けに無料案件や割引案件キャンペーンしている美容クリニックがいくつかあります。私が知ってる限りだと4クリニックあります(全部行きました)

恐らく日本人強化をしているクリニックが、今お客さんが圧倒的に少なくなっているからこそやっているんだと思います。ということで私はボンボコいじっています。

コロナ渦で韓国留学をするデメリット

① 家族や親しい友人にすぐ会えない

もし家族や友達が倒れたりコロナで重症化して最悪な事になっても、すぐに会うことができないです。

飛行機が少ないし、PCR検査もあるし、2週間隔離もあるので、帰国しようと決意してから面会できるまで最低でも半月はかかるかもしれません

② 留学後の確実な将来設計ができない

コロナがいつ終息するのか分からないので、来年や再来年の確実な将来設計をするのが難しいです。

私は留学ビザが終わったらワーキングホリデービザに切り替えようと思っていますけど、コロナの影響で今現在そのビザは降りませんだから来年は私はどこで何をしているのか分かりません(笑)

③ お金がドンドコ減る

韓国留学は学費がかかるのでお金はどんどこ減ります…。私が通う弘益大学は3ヶ月で16万円なので、年間64万円はかかります。学費に相応する授業をちゃんと受けることはできるので良い投資ですけど。でも安くはないですよね

④ 隔離はマジで本気で辛い

韓国の隔離はガチなので、2週間コンビニも行かないで完全に引きこもらないといけません。これがかなり辛かったです(笑)

特に私は韓国語が全く話せなかったので、トラブルが起きたときに韓国語で電話をしないといけなかったのが地獄でした。隔離中の楽しみはご飯だけでしたw

⑤ 友達を作るのが難しい

オンライン授業だし、今現在は店は22時までで18時から2人までです。だから友達を作るのは激ムズです。自分から動かないと友達はできないと思います

私は人見知りを全くしない性格なのと、渡韓する時にテレビにも出たのがネタになり、結構たくさん友達はできました。でもできない人はできないと思います。

対面に限界があるので「ハロートーク」などのアプリやSNSなどのインターネットを通して友達を作る人がたくさんいますし、私もそうしています。そのぐらい自分から動かないといけないです。

コロナ渦で韓国留学をするなら意識して欲しいこと

生半可な気持ちなら即帰国になる

授業のスピードは早いし、それにコロナ禍の影響でめんどくさい手続きや、急な変更が多いです。だから生半可な気持ちで留学をするとついていけなくて即帰国になります。

実際に生活に馴染めなくて授業は遅刻ばかりで2ヶ月で帰国した人もいました

自分で調べて行動する力は必須

コロナ禍の影響で状況がコロコロ変わり、留学をする前もした後も予想をしない事がどんどん起きます。

だから自分で調べる事ができない人は辞めたほうがいいです。誰かに頼る考えは通用しないと思いますだってコロナ禍の情報なんて初めてで知らない人ばっかりだからです。

消極的な性格でコロナ禍に留学は大損

デメリットの所でも話しましたが、コロナ禍の留学は友達を作るのがかなり大変です!

私は人見知りをしない陽キャな性格なので問題なく友達ができていますが、消極的な性格の人は損かもしれません。勇気をもって積極的になったほうがいいです◎

まとめ!待つ考えはやめたほうがええ!!!

もし「留学はコロナが終わってからにしよう!」と思うなら、「待つ」という意識は辞めたほうがいいなと個人的に思います。

だってコロナっていつ終わるか分からないし、それに10代や20代、30代ってすごい貴重な時期だと思うんです

待つって意識をして「今年はなんもなかったな…コロナのせいだ…」なんてなるのはすごくもったいないと思います。たまにTwitterでそういう方を見るんですけど、毎回見る度に本当にもったいないと思っています。

私は韓国留学を決意する前は、韓国語教室の通う頻度を増やして、副業の仕事を増やしまくりました。そしてYouTubeも始めました。だから日本にいる時も充実していたなって思っています。

待ってる間はただ待つって事はしないで、新しい事を始めたり、留学準備をしっかりするのがいいんじゃないかと思います変化だらけの世の中なので変化に対応することは大事っす!

SNSでもご購読できます。