【家賃4.8万円】韓国の不動産アプリ「직방」で一人暮らしをする方法

アンニョンハセヨ今、私は韓国で一人暮らしをしています。安くすませたかったので現地の韓国人と同じような方法で部屋を借りました。

部屋の借り方や注意点、不動産アプリの직방(チックバン)の使い方、実際のお部屋などを紹介します。ちなみにコロナ流行中で2週間隔離がある中で、日本で下見なしで部屋を借りました(ぶっつけ本番で下見なしの部屋に隔離したということですw)。

私の部屋紹介!弘大のど真ん中で家賃4.8万円

まず私の部屋はこちらです。

写真に写っている家具や家電は全部ついています 場所は日本でいう渋谷のような場所「弘大(ホンデ)」にあって、家賃は約4.8万円です。これは管理費、水道代、Wi-Fi代も込みの値段です。追加で毎月かかる費用はガス代と電気代ぐらいです。

日本で一人暮らしをしていた時は、これより狭い高田馬場の部屋で家賃7万円だったので、韓国の家賃はかなり安いです。

【重要】韓国と日本の不動産や物件の違い

家賃は魅力的ですが、先に知っておいたほうがいい大きな違いがあります。

1. 保証金が高額

韓国は礼金がありません。でも日本でいう敷金のようなもの、保証金がかなり高いです。平均的に一人暮らしなら50万円〜100万円が多いです。先程紹介した私の部屋は保証金が50万円になります。保証金は家をでるときにちゃんと返ってきます。

2. オンドルがついている

韓国はかなり冬が寒いです。だからどんな狭い安い部屋も基本的にはオンドルという床暖房がついています。これがかなり暖かくて、部屋の中は日本より暖かいです。エアコンでの暖房はほとんど使わないほど暖かいです。

3. お風呂がなくてシャワーのみ

韓国はシャワーのみの部屋が多いです。そしてトイレと洗面台とシャワーが1つにまとめられています。体を洗う時間って日本では癒しの時間というイメージですが、韓国では癒し感は一切ありません(笑)

4. 半地下と屋根部屋が安い

半分地下になった半地下と、ビルの一番上の屋上にある屋根部屋が比較的に安いです。韓国ドラマにもよくでてくる部屋でお金がない人が住んでいるイメージだそうです

半地下は虫が多いのと湿気が多く、光が入らないから安く、屋根部屋は屋上がほぼ貸切で使えるけど、夏は暑くて冬は寒いから人気がないそうです。

私は本当は屋根部屋に住みたかったのですが、家具・家電が付いていなかったので隔離のために断念しました。

직방(チックバン)の使い方

日本人向けの日本語OKな不動産サイトもありますが…安心ですけど家賃が高いです 本当に安くすませたいなら、正直大変でしたけど現地の不動産アプリがオススメです。

私は직방(チックバン)というアプリを使いました。これは日本でいうとHOME`SやSUUMOのような不動産の定番アプリです。

完全韓国語になりますので、GoogleやPapagoで翻訳をしながら見てください。パソコンに慣れている方は、翻訳ページに飛びやすいのでパソコンがオススメです。スマートフォンの方はアプリで見ることをオススメします。

私はパソコンでGoogle Chromeの自動翻訳ツールを使って調べました。

1. 「원룸」にして住みたいエリアを入力する

まずは赤い枠の「원룸(ワンルーム)」を選択して、住みたいエリアを韓国語で入力してください。そうすると入力したエリアに近い駅名などが表示されるので、選択をして虫眼鏡マークを押してください。

2. 気になる物件を探す

選択したエリアの物件が一覧化されて表示されます。画像右にある赤枠が保証金で、青枠が家賃です。大雑把に見積もるなら0を一つ消すと日本円になります。

気になる部屋を見つけたら、その部屋の枠をクリックするとさらに詳細が見れます。

このマークは部屋に何の無料オプションが付いているかを確認できます。例えば写真の場合は家具・家電がほとんど付いていて、Wi-Fiと水道代も込みだということがわかります。

3. その部屋を管理する不動産に連絡をする

部屋の詳細の一番下に不動産の連絡先が表示されています。そこから連絡をして契約まで話をすすめましょう。私はKAKAO IDが表記されていたので、KAKAOで連絡をしました。

韓国で部屋を契約するまでの流れ

不動産に連絡した後の手順は、まとめると以下の通りです。こちらも完全に韓国語になるので、翻訳アプリをフル活用しましょう。

  1. 他にもいい部屋がないか一応相談をする
  2. 部屋を確定したら入居日を知らせる
  3. 手数料と予約金(保証金の一部)を支払う
  4. 保証金と1ヶ月分の家賃を支払う
  5. 契約書にサインをする
  6. 入居

1は実際に相談したことによって、もっといい部屋を見つけられたのでオススメです。分からないことも遠慮なく確認をしましょう。

3の手数料は2万円でした。予約金は保証金の一部の5万円です。合計7万円を振込ました。

4は私はバラバラで支払いをしたのですが、海外送金をする場合は手数料がかかるので一緒に支払った方がいいです。

5の契約書は私の場合は2週間隔離があるので、順番を変えてもらい隔離後に捺印をしました。

6の入居は、韓国は鍵でなく暗証キーなので、部屋の暗証番号を教えてもらいました。

韓国に友人がいる方は、その友人にお願いして下見をしてもらう事も可能です。私は彼氏が韓国にいますが…下見なしで入居しました

注意点

家賃も契約年数も気に入らないなら交渉をする

交渉をするつもりはなかったのですが、なぜか途中で家賃を3千円安くしてくれました。だから交渉可能なんだと思います(笑)

契約年数は最初に2年って言われていたのですが、2年住むのか不明なのでもっと短くできないかとお願いをしたら、なんと大幅に契約年数を短縮してくれまいた なので気に入らないときは交渉していいと思います。

海外送金に慣れておいたほうがいい

日本から韓国の部屋を借りるなら、海外送金をしないといけません。私は「Payforex」で海外送金をしました。

以前より使っているサービスなので、今ではとても使いやすいと思っていますし、問い合わせにも早く対応をしてくれるの気に入っていますが、最初に結構細かく設定をしないといけないので慣れておいたほうがいいです。

10万円以上の送金は不動産の身分証確認が必要な場合がある

海外に大金を支払うとき、受取人(不動産)の本人確認が必要なときがあります。今回、不動産が初めての外国人対応だったため、この本人確認の作業でかなり手こずりました

大金を送金しても不動産の口座に入金されないときは、本人確認のメールかSMSが不動産宛に届いていると思うので確認をするように伝えてください。もしくは送金会社に聞くのもオススメです。

送金会社の人は送金の進捗を細かく確認ができるので、入金されていなくてもパニックにならずにまずは問い合わせをしましょう。

本当にこの身分証確認で手こずり、私も大金を海外送金するのは初めてで不慣れでほぼ毎日、送金会社に問い合わせをして確認をしました。

2週間隔離がある方は、事前に必要な物をしっかり用意をする

私のようにコロナ流行中に部屋を借りる方は、渡韓してすぐに隔離なので買い物が一切できません。オンラインでなら買えますが、すぐに届くわけではないので、しっかり準備をしてください。

必要だなって実際に感じたものはこちらです。

■ 最低でも持っていくべき重要品

  • トイレットペーパー(ティッシュとしても使う)
  • ルームウェア2着分
  • タオル
  • インスタント食品
  • クレジットカード(2種類以上オススメ)
  • SIM
  • 電源フラグ(SEとC両方)
  • シャンプー類
  • スキンケア類
  • 必要そうな薬

■ 入居してすぐにネット注文するべきもの

  • 食料
  • 洗剤
  • Wi-Fiルーター(Wi-Fi無料の家の場合)

2週間隔離については、また詳しく記事を書こうと思います

SNSでもご購読できます。

コメントを残す